受験勉強は家だけで十分?塾や家庭教師はどう?

塾の利点・難点

塾は勉強しに行く場所です。学習に集中できる環境が整っているため、家でなかなか机に向かわないような子どもでも、自然に勉強時間を確保することが可能です。 まわりの生徒に対する競争心が芽生える、講師の熱心な指導によりやる気が出るという効果も見込めるでしょう。

塾によっては進学コースがあり、特定の学校に合格へと導くためのノウハウを有しており、無駄のない受験対策が行なえるところも少なくありません。 なお、子どもの学習レベルに合ったクラスが用意されているところや、弱点のカバーを中心に行なっているような学習塾もあります。 ただ、塾には注意点があり、集団指導を行なっているところでは欠席した分の授業があとで行なわれることは基本的にありません。 自習で欠席した授業はカバーする必要があります。この遅れを取り戻す作業をしないと、次の授業以降で付いていけなくなってしまうリスクがあります。 また、集団指導塾では講師の選択の自由度は低く、変更することができない場合が多いです。

そのほか、集団指導をしている塾では、授業の最中に質問しにくいケースがあります。 なにか講師に聞きたいことがある場合には、授業が終わったあとにしなければいけないということが少なくありません。